So-net無料ブログ作成

機械資材展示会からFQMを考える [FQM]

昨日今日と、京都と大阪で開催されていた機械資材展示会にそれぞれ見学に行ってきました

それぞれの会場で機械や資材を見て廻り、メーカーの方とも少しお話をしましたが
仕立て方や特徴、最適なプレス方法など知らないのには残念な気持ちになってしまったことも
速さや効率を追いすぎて、一番大切な整形・復元をどこかにおいて来ているのでしょうね

FQMを実現するには、機器も意識もゼロからスタートさせる必要がありそうです
洗う、シミ抜きなどの意識をメンテナンスの意識へ変える
クリーニング業界以外のところの方がスタートするには良いかも
FQMから見ればクリーニング業界はゼロではなくマイナスの位置に居るかも


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

さぼてん@京都

こんにちは。御無沙汰してます。京都の業者の展示会は行ったのですが、大阪の方は不覚にも知らなくて行けなくて残念におもってます。立体のプレス機を見たくて、2社のを実際自分の衣料を持ってやってみたのですが、其々に良い点も有って、判断の難しい所です。
話は変わりますが、今週の朝日新聞夕刊で興味深い連載記事
が載ってます。「糸と布の話」と言う題で、例えば「綿」一つとってもかなり深いこだわりを持った方々のお話が載ってます。
デザインもさることながら、こうした「糸」「布」の根柢からも
考えないといけないですね。
では。
by さぼてん@京都 (2008-06-27 13:15) 

御隠居

さぼてんさん お久しぶりです
京都はさぼてんさんがお帰りになった後に展示会場に行ったようで

京都では展示会の後にまたまた服を見に行きまして
良い服(もちろん素材もですが)の良い状態を保つことの難しさをお店の方と話してました。

教えていただいた「糸と布の話」で日本繊維新聞ブログを見つけてさっそくお気に入りに入れました。

我々は素材を作る方の苦労、デザイナーさんや縫製の方や購入された方のの思いも背負っていることを忘れてはいけませんよね
by 御隠居 (2008-06-27 21:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。