So-net無料ブログ作成
検索選択

糸や布 [FQM]

衣服は糸や布を使用し、それらを中心として多様な付属品も存在します

糸や布は身体で言えば細胞や骨格みたいなもの
それを立体的に組み合わせて一つのファッションが出来上がるのでしょう

糸や布地の勉強繊維の名前や性能を考えるときに
その特性と着用や保管における影響と関連させて理解しないとメンテナンスは出来ません

衣類のお医者さんであろうとするなら、細胞や骨格のことから筋肉のことなど
全ての情報に精通する努力が必要ですね
併せて、本当に人の身体の生理学や気象学まで理解する必要があるかも

FQMを本当に実行しようと思うと相当に大変だなって思っています

このような基礎知識のほかにファッションに対するこだわりやセンスも要求される仕事
良いものを実際に着用することで、その良さが理解できるのですが
それにもお金が掛かります

FQMは機械設備よりファッションと学習に多大な投資が必要となるかもしれませんね
しかし本当に良い服って長く着れるし、着ていてとっても気持ちが良いものですよ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

さぼてん@京都

こんにちは。
糸と布ですが、最近は変わったもの(?)も多くなりました。
例えば「紙」や「金属」を使ったもの。
着用される方もそれらの特性を御存知なら良いのですが。。。
こちらご隠居サマのブログは一般の方々もよく読んでおられる
所、こうしたモノの特性・扱いについても書いて下さればお客様も業者も助かり、悲しいクレームも減るのでは?
#ウチではファッション・デザイン的に面白い衣類、と言うことで扱い注意、説明のメモを付けるようにしてます。
では。
by さぼてん@京都 (2008-06-29 02:12) 

御隠居

かわりもの素材の特性についても興味はあります
しかし、このブログで取り上げるかは???です

気が向けば取り上げる場合もあるかとは思いますが
それよりさぼてんさん自身が「扱い注意、説明のメモ」を作られているようですので、それをどこかで公表されたらいかがですか
当方からもリンクさせていただきますので
by 御隠居 (2008-06-29 10:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。